PLP

PLP

PLP(電源喪失保護)テクノロジーは SSD の信頼性に関連付けられる重要技術であり、システム全体の信頼性向上のため広く採用されるようになっています。異常な電力スパイクや中断が発生したとき、ファームウェアとハードウェアの両方を活用して重要なデータを保護します。

 

技術の向上により、信頼性技術は 2 つの方法に区分できます。1 つは重要なデータの複数コピーを維持しておき、異常な電力の遮断後に現在のデータセットが破損した場合、最新のバックアップデータを復元する方法です。このメカニズムは重要なデータの完全性を確約できる一方で、最新のバックアップの後に加えられたすべてのデータ変更は失われてしまいます。

 

 

この問題を解決するために、(ADATA が使用している)第 2 の方法として、高感度の電圧モニターを蓄電コンデンサ群と組み合わせる方法があります。ADATA の PLP は SSD にバッファされた読み書き動作を完了するまで充分な電力を供給します。電力喪失が発生すると、パワーモニター回路が電力低下を検出し、コンデンサ群からの電力を使い果たす前にバッファ内の全データをバックアップするようにコントローラに指示します。この方法を使用することで、すべての重要なデータが破損することなく保存されます。長期的なサービスを確約するために、ADATA SSD は SSD の電力コンデンサの健全性を継続的に監視するため、特別な SMART 属性も組み込んでいます。