Live Monitor

Live Monitor

Live Monitor は、動作時間や安全でないパワーダウン、温度などを含む、ディスクの状態に関連する情報の収集を主な目的とした技術です。最近の技術の進歩とともに、SSD は産業向けに広く採用されるようになり、特定のアプリケーションに合わせた Live Monitor 属性が開発されています。

産業とクラウドアプリケーション向けに、ADATA は 2 つの Live Monitor 属性セットを開発しました。1 つは NAND フラッシュ情報を報告するものです。指定された Live Monitor 属性を使用することで、ユーザーは不良ブロックレポート、消去カウント、プログラム/消去障害を含む SSD の基本的な NAND フラッシュ情報に簡単にアクセスできます。2 つ目の Live Monitor 属性セットは信頼性に関連するもので、ユーザーはドライブの寿命、ウェアレベリング回数、および TBW(Total Bytes Written;合計書き込みバイト数)と DWPD(Drive Write per Day;1日当たりのドライブ全容量書き換え上限回数)の評価に使用される書き込みデータ総量などの情報に簡単にアクセスできます。この情報は、SSD 全体の使用可能な寿命の予測に役立ちます。 

ADATA は産業アプリケーション向けに特別に開発された役立つ Live Monitor 属性を提供し、より透明性の高い、完全な情報のセットを取得することで、お客様が SSD 資産を完全に管理できるようにします。